園内のご紹介

園舎内地図


 
約45種類、200本の木が植えられた子どもの森では、四季折々の花が咲き、移り変わる自然が子どもたちに語りかけます。きれいな色が出る山ごぼうの実、摘んで食べられるぐみの実、やまもも、桑の実、栗、椎の実、想像力をかき立てる木の枝や落ち葉は子どもたちの素敵な宝物になっています。様々な虫やカエル、トカゲ、幼虫たちも仲間です。

園舎はドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーの思想を取り入れた、リズミカルで変化に富んだ曲線的な建物、こひつじのユニークな園舎には、子どもたちの自由なイメージをふくらませる夢のある空間がいっぱいです。